思ったこと考えたこと

高学歴ニートから心のカロリー摂取の話【モチベーションアップ術】

2019年10月20日

高学歴ニートの番組をみて

もう実際観た時からだいぶ時間が経ってしまっておりますが我が家も子供が多いのでこのことについて考えてみたいと思います。

番組の情報はコチラ▼

観た時にTwitterでは我慢できずすぐに思ったことを呟きましたが…

 

ここでのやり取りやこの回の先生だった橋下徹さんの話も理解できるが何が善で何が悪なのかを他の人間のモノサシで測ろうとすること自体が難しいのでは?というのが私の意見です。

上に貼った呟きはスネかじって赤ちゃんと同じだなは赤ちゃんと同じだから✖(ダメ)って意味ではありません。

赤ちゃんに難しいこと言っても伝わらないってのと同じでその人間の立場に寄り添ってそのスケールで話してあげないと聞いてくれないんじゃないの?そんな意見です。

橋下徹さんからしたら高学歴ニートが✖なのか△なのか〇なのかわかりませんが…

彼らのそれぞれの親が〇だから高学歴ニートをやれているので問題ないと思います。

それはそのままにしておいて燃焼できるものを見つけるよう、見つかったら自然と高学歴ニートじゃなくなるよねって話と見れば非常にいい話でした。

TVのことなので彼らが本当にそうなのかも分かりませんし出演者の意見も本音かはわかりませんのでこれぐらいに。

 

燃焼できるものを見つけようの話

この話は非常にいい話だと思いますし私自身がずっと大事にしていることでもありますので少し書かせていただきます。

食べる=カロリー摂取→行動できる・運動できるや人の体に限らず車や家電などガソリンや電気を入れて動くってのが燃焼だと思います。

仕事ややりたいことに置き換えると夢・やりたいことへの情熱ってのが燃焼でじゃあそのカロリー摂取はなに?ってのが私のずっと考えていることです。

これには答えがないのでその人それぞれの大事なもの、大切なもの、家族、楽しい時間を過ごすこと、美味しいものを食べることではないかなと

食事で「こんなカロリーの高いもの食べたからたくさん運動しないと」と思う方と思わない方がいるかもしれませんが

体型を気にしたり体を鍛えている方は気にすると思います。

それと同じで情熱を注ぎ燃焼するために今日はうまいもの食べよう♪と心のカロリーを摂取してあげるのがいいかなと思います。

上の例は食事のカロリーと被ってしまいましたが頑張る為の動力となることを意識するということです。

 

最後に

高学歴ニートの彼らはすでに高学歴と言われるような有名校にいけたのは頑張る動力と頑張った努力が生み出した結果で次の目的ができるまで充電しているようなものだと思います。

見つかれば凄い力で素晴らしいことを成し遂げるのだろうなと思っております。

私は自分の子供が高学歴ニートになってくれるならそれを支える為というカロリーで支えられるような親になりたいと考えております。

低学歴だったらヤダなとかはありますが…

とにかく親が頑張れる心のカロリー摂取は責任もありますが子供から多く受け取っているのでそれを燃焼してまた子供に還元するってのが親の使命なのかなと。

 

 

-思ったこと考えたこと

Copyright© 『誰かの役に立つ』が家族のシアワセに@兼業主夫 , 2019 All Rights Reserved.